単身赴任の引っ越しを先日行ったのですが、その際に、業

Posted on

単身赴任の引っ越しを先日行ったのですが、その際に、業者さんへ慣例として渡すことの多いと聞いた心付けをいくらにすれば良いかを家内と打ち合わせました。引っ越しといっても単身の引っ越しなので、スタッフは2人だけで、作業そのものにも1時間ちょっとしかかかりませんでしたので、そうそうおおげさな礼はかえっておかしいかと思いお茶を出してお礼を言ったくらいで心付けは渡すことはありませんでした。軍手を用意してから、引っ越しの作業を始めてほしいのです。たとえば、荷造りをしているときです。

カッターやはさみを使った慣れない作業が続くので、手を傷つけることも珍しくありません。

また、荷物の移動を考えると、常に指詰めの危険性を考えないといけません。軍手を用意するときに注意しておきましょう。自分の手のサイズに合った、滑り止め付きの軍手でなくてはなりません。

作業しやすくなるのはもちろん、より安全になります。

私は地方出身だったので、今まで3回引っ越ししています。

理由は進学や就職と様々ですが、荷作りの大変さは毎回変わりません。

私の実感として、単身者の場合は、値段は高くても、引っ越し専用ダンボールと布製ガムテープを使えば問題なく荷物を運べるのです。
スーパーのダンボールやクラフトテープは手軽に入手できますが、丈夫さが全く違います。
壊れない頑丈な荷物にするために欠かせないものなので、何とか手に入れたいものです。

引越し業者の指示があると思いますが、引越しの前日には、前もって冷蔵庫の電源を抜いたほうが良いです。
その理由は、冷凍庫に付いた霜を溶かし、そうして溜まった水をあらかじめ取り除くことが可能になるからなのです。
あらかじめ水を取り除いておくことによって、冷蔵庫を運ぶ際に、荷物や家の中などをぬらしてしまうのを防ぐというメリットがあります。転出する際に、心に留めておかなければならない事が、色々な届け出などの手続きです。自治体の役場へ届ける手続きだけでなく、電話、インターネット、ガス、水道、電気等の住所変更も重要です。特にガスは立ち合いが必要なので、早期に手続きをしてください。
また、銀行の通帳や自動車運転免許証などの住所変更届もなるべく早く済ませておいた方がいいです。
年金で食べていますが、市営の賃貸から一般の賃貸へ住まいを移す事にしました。

誕生日を多くむかえると、段差の少ない建物がいいです。
また、介護士の訪問等が来てくれる家に住みたいという夢もあります。

出来るだけ坊には、困らせたくありません。引っ越しがすんだら、市町村役場で各種の手続きを行う必要があります。後、近くの警察に行って、住所を登録し直す必要もあるでしょう。正式には、住民票の写しを提出すると、すみやかに手続をしてくれます。手続き完了後の免許証の裏面には、変更後の住所が記載されています。引越しの前日の作業として怠っていけないのは、冷蔵庫の排水です。
水抜きができない人はとりあえず冷蔵庫のコンセントを抜いておいた方が良いです。

常識ですが、中には何も入れないでください。
そうでなければ、当日冷蔵庫が動かせない可能性もあります。

いよいよ明日は引っ越し、という日には、当日の時程を確認するべきです。

引っ越し業者の人が来るのは何時か、予定の作業終了時刻はいつかという確認をします。
全ての荷物は搬出しやすい場所にまとめておきます。業者さんをはじめ、手伝ってくれる人に飲み物を揃えておきます。
搬入が終わったら、飲み物を出すことで特に暑いときなら、みんなが嬉しくなるでしょう。
引越し業者へ頼むと、見積もりをいただけると思います。問題ないことがほとんどですが、一応確認をすることが良いと思われます。
見積書の内容に含まれていない場合は、追加料金をとられてしまう場合もございます。少しでも疑問があるときには、できる限り契約をする前に、聞いてみてください。
冷蔵庫を配送してくれる安いとうわさの業者